MENU

キャラクターデザイナー記事一覧

世の中にはキャラクターと呼ばれるものが数多く存在しています。例えば、ハローキティ。これは、サンリオのキャラクターで、国内のみならず海外でも人気になったり、国土交通省の中国・香港観光親善大使に任命されたり。人気も認知度も高いこのキャラクターをデザインしたのは、誕生当時サンリオに勤務していた清水侑子氏(初代)。清水氏のように、キャラクターをデザインする人のことをキャラクターデザイナーといいます。ハロー...

キャラクターデザイナーを目指す人のためのサイトなのに、なぜ突然漫画家やイラストレーターといった名称が出てくるのか。しかも、漫画家やイラストレーターに師事するって…? そう思われた方もいるでしょう。しかし、これも間違いなくキャラクターデザイナーになるための方法のひとつなのです。海外で実写版が映画化されるなど人気の作品『ドラゴンボール』。作者が鳥山明氏であることは多くの方がご存じでしょう。彼が人気ゲー...

就職先の斡旋が受けられる学校に通っているのであれば、就職活動が始まる時期に求人票が公開されますので、そこからキャラクターデザイナーを募集している会社を選んで受験するというのが手っ取り早いでしょう。もし、就職を希望する会社があって、求人票が出ていないときは、学校の就職指導担当者に相談して問い合わせてもらうといった方法もとれる場合が。就職先の斡旋がない、学校には通っていないなどであれば、作品を制作して...

「キャラクターデザイナーとして働きたい!」と思うだけでは夢は夢で終わってしまいます。人間最初の1歩を踏み出せば、自分でも驚くほど3歩も5歩も先に進みだします。私がお勧めする最初の一歩は専門学校の資料請求という方法です。特に資料には最近のキャラクターデザイナーのニーズについて書かれているので、目を通しておいて損はありません。なにより資料請求をすることにより、「自分は本当にキャラクターデザイナーという...

アニメーション、ゲームに関わらず、キャラクターデザイナーにもっとも必要とされるのは、作画能力です。設定に沿って、キャラクターの顔・髪・服装を正面・側面・背面から描かなければなりません。さらに、アニメもゲームも動作が加わりますから、人間の動きというものをよく知っておく必要も。例えば、歩くという動作ひとつをとっても、手・足・胴体のどの関節がどのように曲がって歩いているのかを知っておかなければ、キャラク...

アニメーションにおいてもゲームにおいても、キャラクターは視聴者や購買者の目に一番に触れるものであり、作品のイメージもそれによって左右されます。また、そのストーリーなどとは別にキャラクター自体に人気が出るということも珍しくありません。キャラクターは、アニメやゲームにとって非常に重要なものといえるでしょう。そのキャラクターをデザインするうえでは、オリジナリティが求められるのはもちろんながら、ほかにもさ...