MENU

キャラクターデザイナーの具体的な仕事内容

世の中にはキャラクターと呼ばれるものが数多く存在しています。
例えば、ハローキティ。
これは、サンリオのキャラクターで、国内のみならず海外でも人気になったり、国土交通省の中国・香港観光親善大使に任命されたり。


人気も認知度も高いこのキャラクターをデザインしたのは、誕生当時サンリオに勤務していた清水侑子氏(初代)。
清水氏のように、キャラクターをデザインする人のことをキャラクターデザイナーといいます。
ハローキティは、キャラクターグッズの制作を目的としてデザインされたキャラクターです。


いっぽう、アニメやマンガに登場する人物や動物などをキャラクターと呼ぶことも。
これらにおいては、設定をもとに顔や髪型といった外見をデザインしていくのがキャラクターデザイナーの仕事。
このサイトでは、後者のアニメやゲームにおけるキャラクターデザイナーについて紹介していきます。


アニメ界におけるキャラクターデザインは、アニメーターの仕事の一部だったもの。
現在はそれが分業化され、ひとつの業務として成立しています。


デザイナーはキャラクターの顔、髪型、正面・側面・背面、服装や小物のバリエーテション、喜怒哀楽の表情、基本動作から、ほかの登場人物との身長比較などまで作成。


非常に重要な役割を果たしているといえます。
ゲーム界では、ロールプレイングゲームや恋愛シミュレーションゲームなど、人物が描かれる作品にキャラクターデザイナーが存在。


なかには、グラフィックを担当するスタッフが兼務している場合もあります。